好奇心旺盛な子供の学力を育む幼児教室|小学校受験に挑戦

男の子

国の基準を満たした保育園

先生と女の子

福岡県内にも多くの保育園がありますが、保育園には認可園と無認可園の2種類があります。認可園とは国が定めた基準を満たしている地方自治体に認められている施設で、運営費などさまざまな補助金がでます。それに対し、基準を満たしていないため、認可を受けていない園を無認可園や認可外保育と呼びます。国の基準にはいろいろなものがあり、児童に対しての保育士の数や施設の広さ、また専用の給食室があるかなど多くのチェック項目があります。これらをクリアしているところは補助金がおりることから保育料が安いというイメージがありますが、保育料は家庭の所得によって決められています。そのため、共働きで所得が多いと保育料も高くなるため一概に安いとはいえません。

福岡で保育園に入所するには、運営を管理している地方自治体に申し込みを行ないます。この時、必要な書類を提出します。入る条件は、「働いていること」または「病気や出産で児童の保育が行ないということ」が条件です。他にも細かい条件があり、これらをクリアしなければ入所することはできません。認可外保育園では、園に直接申し込みを行ないます。定員に空きがあればすぐに入園可能ですし、働いていなくても預けることができます。無認可園は国から認められていませんが、悪い保育園というわけではありません。広さ以外はクリアしているというところも多くありますし、認可になると国からいろいろな制約があり不便だからとあえて申請を出していないという保育園もあります。福岡にある無認可園は、送迎バスサービスや保育時間も長いから利用しやすいです。しかし、最近では保育園不足が深刻なため、いずれも定員がいっぱいで入所することができないところが増えています。このあたりも現在解決に向けて動いているので、子供を預けやすい環境が整ってくることに期待されています。